月刊『致知』8月号に宗家への取材記事が掲載!

月刊『致知』は、企業や組織のトップリ-ダーの方々など定期購読者1万人を超える、多くの人々に愛読されている人間学を学ぶ月刊誌です。各界各分野で「道」を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を紹介し、人生を一生懸命生きる人々の‘心の糧’になることを願って発行されています。
自己研鑚のための愛読書として大変参考になる書籍で、幅広い人間形成に役立つとして、宗家はもとより稲森和夫氏(京セラ名誉会長)・王貞治氏(ソフトバンクホークス球団会長)なども推薦する月刊誌です。

この度、その『致知』より宗家への取材依頼があり、8月号(7月発刊)「思いを伝承する」という特集記事に掲載されることとなりました。
61年の歴史を誇る錬心舘空手道について「百年先を思いては人を育てる」と題して宗家が語っておられます。よろしければ、関係各位の方々に是非、ご一読いただければと思う次第です。
しかしながら、月刊『致知』は書店ではお求めになれません。『致知』は購読希望者に対して毎月送られてくる書籍です。購読にはお申し込みが必要になります。
人の上に立つ指導者として、または自己啓発に大変参考になる書籍です。この機会に購読を検討されてみてはいかがでしょうか?
月刊『致知』については以下をご参照ください。

致知とは?